ホーム産業の建てる住宅は

フラット35S対応

一定の技術基準をクリアあうる優良住宅の取得支援を目的に住宅ローン金利を引き下げる制度です。10年金利引き下げタイプと20年金利引き下げタイプの2種類あります。20年引き下げタイプは、より厳しい技術基準をクリアする必要があります。フラット35s の基準は、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性の四つのうち、ひとつ以上が基準を満たす必要があります。
また、フラット35s は全ての銀行で利用できるわけではありません。 都市銀行では、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、埼玉りそな銀行、中央三井信託銀行といった銀行でフラット35sが利用できます。 そのほか、地方銀行、第二地銀、信用金庫、信用組合、労働金庫などでも多くの金融機関でフラット35sの取り扱いができます。

※「フラット35S」に関しては、担当者にご相談下さい。

フラット35s の基準

省エネルギー性では、省エネルギー対策等級4の住宅

耐震性では、耐震等級が2か3の住宅にするか、免震建築物

バリアフリー性では、高齢者等配慮対策等級3,4または5の住宅

耐久性・可変性では、劣化対策等級が3で、維持管理対策等級が2または3の住宅

これら性能表示の「省エネルギー」「耐震等級」「耐久性」「維持管理」のすべての項目に対し、当社では独自に取り組み、融資実績もふえてきております。